結婚相談所でNGなプロフィール

結婚相談所のプロフィールがあなたの出会いを左右する重要なことになるというお話はしたと思いますが、書いてはいけないことや、こんなプロフィールはよくないというようなことがあるので書いていきたいと思います。たとえば趣味や自分の興味についてばかりを長々と書いているようなものはそれについて興味がない人の場合にはただ退屈なだけですし、なんとなく将来性がイメージできなくてそれはいいとはいえません。ですから興味があることばかりを書いたり、趣味について書き過ぎるのもあまりよくありません。
だからといって無難によろしくお願いしますと書いているような場合もこれはどうでしょうか。少し文章能力がない人や、プロフィールを重視していない人の場合にはどうしてもそんな書き方になってしまいがちなのですがやはりプロフィールというのは出会いのチャンスの第一歩です。ですからよろしくお願いしますだけでは相手に選ばれませんし、相手にもあなたという人がイメージしにくいと思います。相手から興味を持ってもらえるようなプロフィールを書くようにするのが一番のポイントなのです。
他にも結婚相談所のプロフィールであまりいいとは言えないのが、自分の理想や希望ばかりが書かれているようなプロフィールです。これはプロフィールとは言いませんね。相手の要望ばかりが書かれているのでこれでは相手にとっていい印象を与えるというのは難しいと思いますから注意しましょう。

結婚相談所での出会い

結婚相談所に入会して会員になれば絶対に何もアクションを起こさなくてもスタッフが出会いの場を探してくれると思っている人は多いと思いますが結婚相談所の中身によってこれは大きく違っています。たとえば検索をするようなタイプの結婚相談所もあれば紹介書を書くような結婚相談所もありますし、自分でイベントやパーティーに出かけて行って自分で出会いを求めるというイベントの企画だけを実施しているような結婚相談所もありますから結婚相談所によってそれぞれ違いがあると思います。結婚相談所で検索をするようなタイプで出会いを探すという場合にはパソコンを使って探したり携帯などのモバイルから会員専用のデータのページがありますからそのページから相手探しを自分でします。自分の希望の条件にチェックを入れて検索をすることが可能ですし趣味や血液型などの自分の環境などに合わせて相性で相手を探すことができるところもあります。
そして結婚相談所で紹介書を書いてもらえるタイプの場合には書いてもらうというよりも相手の紹介所を見せてもらえるというタイプです。これはネット上で見ることができる場合もありますし、郵送で送ってもらえたりします。そして気に入ったら段取りをしてもらって合うというケースで一番一般的な結婚相談所のスタイルといえるかも知れません。
イベントやパーティーの場合には企画されているイベントやパーティーに参加することで自分で相手探しをします。

結婚相談所で使ってはいけない写真

結婚相談所で使う写真がかなり重要であるということはお話ししたと思いますがどんな写真がダメなのかここで少し紹介したいと思います。たとえばスーツを着て撮影するのが一番なのにカジュアルな普段着をとって撮影をしたという人はあまりいい写真とは言い切れません。確かに自然なスタイルでとった方がその人が普段どんな格好をしているのかイメージがわきやすくなると思いますが結婚相談所の写真はスーツで取るのが一般的ですので注意しておきましょう。
他にも帽子をかぶっているような写真はだめですね。たとえば帽子をとったらはげていた・・・という人も中に入るかもしれません。写真と違うといわれても侵害ですし、それを隠しているかに思われてもお互い気分がいいとはいけません。相手に敬意を示すためにも帽子をかぶったまま写真を撮るというのはあまりいい方法とはいえないのです。
またペットなどと一緒に写真を撮るという人もいるようですが、ペットが苦手で嫌だという人も中にはいるかもしれませんからその場合にはその人がもしかしてぴったりの相手だったとしてもチャンスを逃すことになるかもしれないので注意した方がいいですね。
最近はデジカメ以外に携帯で写真を撮る人も増えていますが携帯で撮った写真はいいとはいえませんから、結婚相談所の写真を用意する際に携帯電話で撮ったような簡単な写真は避けた方がいいと思います。やはりプロにとってもらうのが一番ですね。